結婚式のスーツは濃紺もOK!上品な着こなしを紹介

jackets2

フォーマルに相応しいスーツ選びとは―。

結婚式で着るスーツの色や柄、許容範囲の考え方」の記事で解説したように、日本のフォーマルマナーを徹底的に守るなら、ブラックスーツを選ぶべきです。
しかし、現実の結婚式で誰もが黒スーツを着ているかと言うと、そんなことはありません。現代のフォーマルシーンでは、濃紺やグレーも許容されています。やはりお洒落にドレスアップすることを考えた場合、ブラックスーツではどうしても重くなりがちです。そこで今回は、結婚式のスーツに濃紺色を選ぶ場合の着こなしについて紹介します。

ソリッド(無地)×ネイビーこそ結婚式スーツの真骨頂

まず、色に関わらず結婚式は無地のスーツで臨むのが基本です。薄めのストライプぐらいでしたら許容範囲ですが、くっきりとしたストライプを着て結婚式に行くのは、マナー以前に野暮ですね。
以下のようなストライプスーツは(日本の結婚式には)相応しくありません。

http://manolocostanewyork.tumblr.com/post/107834180302/royalty-by-the-one-and-only-danielre-wearing-our

http://manolocostanewyork.tumblr.com/post/107834180302/royalty-by-the-one-and-only-danielre-wearing-our

仕事用でスーツを選ぶときなど、多くの人がストライプスーツを選びます。お店に吊られているスーツ単体で見たときに、とてもスタイリッシュに見えるからです。
しかし、実際はソリッド(無地)スーツもなかなか侮れません。ワイシャツ、ネクタイ、革靴などと組み合わせとき、騒がしい印象にならずとても綺麗にまとまります。特にネイビーという色に関しては、ストライプばかり着る周囲の人間と差をつけ、とても洗練された印象を放ちます。

navy-solid1
http://manolocostanewyork.tumblr.com/post/107834180302/royalty-by-the-one-and-only-danielre-wearing-our

http://manolocostanewyork.tumblr.com/post/107834180302/royalty-by-the-one-and-only-danielre-wearing-our

手持ちがストライプスーツしかないのなら、結婚式参列を機に、ソリッドネイビーに挑戦してみてはいかがでしょうか。

スリーピーススーツでよりフォーマルに

https://whatmyboyfriendwore.com/2016/02/16/well-suited-to-a-budget/

https://whatmyboyfriendwore.com/2016/02/16/well-suited-to-a-budget/

http://theberry.com/2013/04/18/stuff-i-wish-my-boyfriend-would-wear-28-photos-2/

http://theberry.com/2013/04/18/stuff-i-wish-my-boyfriend-would-wear-28-photos-2/

ベストを着用するとしないでは、やはりシルエットが大きく違います。ビジネスシーンでは上品すぎて逆に気取った印象を与えてしまうこともあるベストですが、フォーマルの場では積極的に着ることをおすすめします。スーツを買うとき、使用頻度の少なさからスリーピースを選ぶ人は案外少ないです。結婚式の場においても、仕事用に買ったセットアップスーツをそのまま着てくる人が多いですね。しかしだからこそ、こういう場でTPOに応じた着こなしをしましょう。フォーマルでのお洒落は、周囲の評価だけでなく、主役である新郎新婦へのお祝いの気持ちの表現でもあります。

明るすぎ、光りすぎは避ける

http://menstyle1.com/post/50643906952/follow-for-more-pictures

http://menstyle1.com/post/50643906952/follow-for-more-pictures

上の写真のように主張の強すぎる青や、ライトブルーに近いような明るい色は、結婚式の来賓としては相応しくありません。また、やたらと光沢感のあるスーツも結婚式ではセンスを疑われます。着飾ることは重要ですが、あくまで主役は新郎新婦であることを念頭に置きましょう。目立ちすぎず、それでいて地味になりすぎずのラインでコーディネートしてこそ、真の伊達男と言えるでしょう。

ネクタイや革靴も相応しいものを

結婚式のスーツスタイルは、いわゆるクラシックスタイルを踏襲したものとなりますが、案外気をつけるべき点が多いです。以下の記事では、スーツ以外のアイテムに関しても意識するべきポイントをわかりやすく紹介しています。

結婚式に着るスーツの正解!着こなしに関する悩みを全て解決

2016.06.29