グレースーツの魅力を最大限引き出す無地ネクタイを合わせた着こなし

無地(ソリッド)のネクタイは、その色が持つイメージを最も引き出します。赤なら”華やか”、緑なら”穏やか”といった具合ですね。

ミディアムグレーのスーツは、存在感の強い無地のネクタイを上手く「中和」できるところが魅力。茶色や緑、紺、紫、赤、ピンク、オレンジといった多様な無地ネクタイとグレースーツの着こなしイメージを紹介します。

グレースーツ x 無地ネクタイと白ワイシャツの着こなし

スーツスタイルの定番とも言える白ワイシャツのコーディネート。グレーのスーツは、ブラウンやグリーンのネクタイを合わせるととても貫禄漂う印象になります。オレンジやピンクといった目立つ色のソリッドタイを合わせても派手になりすぎない点も、グレースーツと白シャツコーデの魅力。

グレースーツ+ネイビータイ+白ワイシャツの組み合わせはスーツコーディネートの王道。どんな人が着こなしてもスタイリッシュに見えます。

灰色も茶色も、共に落ち着いた印象を与える色。貫禄ある雰囲気を出したいときなどはこの組み合わせが一番です。

“陽気”な印象のオレンジネクタイも、グレースーツであれば派手すぎる印象は避けられます。白のワイシャツをベースに、グレーとオレンジの対比が美しいコーディネートとなります。

爽やかさを感じさせる水色ネクタイのコーディネート。スーツのトーンが淡すぎるとボヤっとした印象になるため、ライトグレーではなくミディアムグレー以上の濃い色調をに合わせるのがポイント。

高貴なイメージのパープルタイの着こなし。グレースーツと合わせることで落ち着きがミックスされます。紫はコーディネートにやや勇気のいる色ですが、淡い色調であれば違和感なく着こなせます。

安心感を与えるグリーン。無地のグリーンタイは意外と存在感が強いですが、グレースーツとのコーディネートであれば主張がつよくなりすぎず、優しい印象になります。

華々しさと色気を持つワインレッドの無地ネクタイも、1本は持っておきたい王道のカラー。より力強く積極的な印象を持たせたいときはネイビースーツに、華やかさと落ち着きを兼ね備えたいときはグレースーツに合わせましょう。

ネクタイ単体で見ると扱いづらそうに思えるピンクですが、グレースーツとワイシャツでシンプルに組み合わせると綺麗にまとまったスタイルに。柔らかい印象を持たせるコーディネートです。

グレースーツ x 無地ネクタイと青ワイシャツの着こなし

爽やかさと落ち着きを兼ね備えたブルーシャツとグレースーツのコーディネート。無地ネクタイであれば基本的には何を合わせても失敗は少なく、オレンジネクタイを合わせてイタリアンテイストにしても良し、ブラウンネクタイで大人の色気を醸し出しても良しという、気分に応じた幅広い着こなしが楽しめます。

ネイビーのソリッドタイはどんな組み合わせにも合う最強のスーツアイテムですが、類似色にあたるブルー系のワイシャツは特に好相性。グレースーツとコーディネートすることによって、青の爽やかさが際立ちます。

グレースーツとブラウンネクタイの組み合わせは、人によってはオジサン臭く見えてしまうのも事実。しかし、ワイシャツを淡いブルー系にすれば老けて見られることはまずはまりません。むしろ非常にバランスの取れた着こなしと言えます。

オレンジとブルーは補色に近い関係にあり、双方の色を引き立てます。ただしグレースーツを着ていないと派手な印象になるため、スーツありきの着こなしですね。

同系色のネクタイとワイシャツを組み合わせた上級な着こなし。全く同じ色にするのではなくネクタイの色味をやや強くすることで、綺麗にまとまったグレースーツコーディネートになります。

紫ネクタイが持つ妖艶さを、ブルーワイシャツが持つ爽やかさで中和するイメージの着こなし。これでスーツがライトネイビーだと目がチカチカしてしまうんですが、グレースーツなら良いバランスです。

グレースーツ x 無地ネクタイとストライプワイシャツの着こなし

ペンシルストライプのシャツとグレースーツの組み合わせはやや控え目な印象に。そのため明るめの無地ネクタイにも挑戦しやすくなります。カジュアル要素のあるロンドンストライプのクレリックシャツも、グレースーツと合わせれば仕事着として違和感のない着こなしが可能。

オレンジネクタイを使うのになかなか勇気が出ない人は、ペンシルストライプシャツとの組み合わせがオススメ。落ち着きのあるグレースーツと着こなすことで、派手さは抑えられ、絶妙な挿し色として機能します。

同じペンシルストライプシャツでも水色のソリッドタイだとまったく違う印象に。冷静沈着な雰囲気を醸し出すのにおすすめのコーディネートです。

幅が太めのロンドンストライプシャツは、同系色のネクタイを選ぶと間違いありません。グレースーツならカジュアルな雰囲気も抑えられるので、オフィスでも充分使える着こなしです。

シャツではなく、スーツの色にネクタイを合わせるのもひとつの方法。グレーの合間にチラリと見えるスカイブルーにセンスを感じさせる演出です。

ピンクの無地ネクタイとブラウンのペンシルストライプを合わせた着こなし。白シャツに合わせたときよりもネクタイの存在感は控えめになります。

「グレースーツの着こなし」へ戻る