世界中で通用するダークネイビースーツとドット柄ネクタイの着こなし

ダークネイビー(濃紺)やチャコールグレーのスーツは、”クラシック”とも言われる最も正統派の装い。そしてこれらのダークスーツをより紳士的にするネクタイが、水玉柄のドットタイです。

このページでは、ダークネイビースーツとドットタイのおすすめコーディネートを紹介。あらゆるドレスコードをパスする着こなしからドレスダウンしたスタイルなど、シーンに応じたコーディネート選びの参考にどうぞ。

ダークネイビースーツ x ドットネクタイ x 白ワイシャツの着こなし

濃紺スーツとドット柄ネクタイ、白のワイシャツを合わせたコーディネートを紹介。小さい水玉のピンドットを選ぶと定番の着こなしに、大きめのポルカドットを選ぶと”脱地味”な着こなしになります。

「濃紺のスーツに白いシャツ、紺地に小さな白の水玉のタイ、黒のストレートチップを履けば、服装指定がないかぎり、世界中どこのパーティでも通用する」とは有名な紳士が遺した名言。その言葉どおりフォーマルな結婚式にも着ていける、男を最も紳士に見せるコーディネートです。

精悍なネイビータイと打って変わって、どこか安らぎを感じさせるグリーンのドットタイ。スーツがダークトーンなので、ネクタイの色彩効果がより際立ちます。

紫のドットタイも非常に洗練された印象。正統派ながらも色気を醸し出す着こなしです。

ドット柄は、水玉が大きくなるほどドレスダウンします。ダークネイビースーツと白ワイシャツという真面目すぎるコーディネートに柔らかさをもたらすにはうってつけ。

収縮色でもある黒色のドットを使うと引き締まった印象に。ビビッドカラーであるオレンジを挿し色にした、ダークスーツに最適のコーディネートです。

ダークネイビースーツ x ドットネクタイ x 青ワイシャツの着こなし

濃紺スーツにドット柄ネクタイ、サックスブルーのワイシャツを合わせたコーディネートを紹介します。ドットタイはネイビーやブラウンが特にオススメ。

ワインレッドのドットタイも実用性が高いアイテムのひとつです。赤は情熱を表現する色。ダークネイビースーツとブルーシャツのクールな組み合わせに取り入れると、まさに「冷静と情熱のあいだ」です。

シャツと同じカラーを水玉の色に取り入れたコーディネート。白のワイシャツに合わせるとやや派手なネクタイですが、同系色でまとめると上品な着こなしになります。

水玉が若干大きめのポルカドットを配したネイビーネクタイ。青シャツと合わせることで良い具合にドレスダウンできます。

鮮やかなオレンジのドットタイも、ダークネイビースーツとの組み合わせたらビジネス用途に対応可能。青シャツがもたらす清涼感との対比も素晴らしい。

茶色のドットタイとブルーのワイシャツは、互いの色の魅力を引き出す好相性な組み合わせ。ネイビーネクタイに次ぐオススメのコーディネートです。

ダークネイビースーツ x ドットネクタイ x ストライプワイシャツの着こなし

濃紺スーツとドットタイ、ストライプシャツを合わせたスタイルを紹介します。

ペンシルストライプシャツのスマートさをさらに引き立てるグレーのドットタイ。ポルカドットでややポップさを出していますが、水玉を小さくすると無難な印象に。

クラシックなダークスーツにペンシルストライプシャツ、小さい水玉のピンドットタイは男を知的に見せる着こなしです。ネクタイの色は緑や茶、紺がオススメ。

大きめドットとロンドンストライプシャツで、真面目なダークネイビースーツをドレスダウンした着こなし。水色のシャツ→紺のネクタイ→濃紺のスーツというグラデーションが技あり。

ネクタイとシャツの色に統一感を持たせたバランスの良いコーディネート。ビジネスシーンでは着こなしが難しいクレリックシャツも、この組み合わせなら仕事用として着ても不自然さは感じません。

華やかにダークスーツを着こなすなら赤のネクタイが最適。ワイシャツのブラウンも相まってセンスの高いVゾーンを演出します。

「ネイビースーツの着こなし」へ戻る