脱”量産型”なダークネイビースーツとストライプネクタイの着こなし

ダークネイビースーツとストライプネクタイの組み合わせは、どういうわけか日本では大多数の人が選ぶ着こなし。確かにビジネスの場で”無難”な服装を選ぶのは大事なことですが、油断すると量産型サラリーマンとなってしまいます。

必ずしも個性が必要ではないとはいえ、合わせるネクタイやワイシャツひとつで、周りとはひと味違うデキるビジネスマンにだってなれるのです。このページのコーディネート例を参考に、会議や営業、デートなど用途に応じた着こなしを考える習慣を身につけましょう。

ダークネイビースーツ x ストライプネクタイ x 白ワイシャツの着こなし

ダークネイビースーツとストライプネクタイに、白のワイシャツを組み合わせたコーディネートを紹介します。最も多くのサラリーマンがこのスタイルなので、個性が埋まりやすいのが事実。ネクタイの存在感で脱地味を図るのがポイントです。

濃いパープルは主張が強めなので、定番の着こなしでも脱地味に。ワイシャツと同じ白をストライプに取り入れることでVゾーンに統一感も。

ダークネイビースーツと同じトーンの色をネクタイに取り入れたシックな着こなし。サーモンピンクを入れることで明るい印象もプラスしています。

水色と茶色という、知的な雰囲気の色同士のストライプネクタイ。スーツのダークトーンによく映えます。

ストライプの間隔が狭いと洗練された印象になります。単色ネクタイにも近い、スタイリッシュな着こなし。初対面の人に会うときにも安心して使えるコーディネートです。

ダークネイビースーツ x ストライプネクタイ x 青ワイシャツの着こなし

ダークネイビースーツとストライプネクタイに、サックスブルーのシャツを組み合わせたコーディネートを紹介します。白のワイシャツよりも”没個性”を回避できるので、仕事用の着こなしとしてはこちらがオススメです。

スーツとシャツの中間色であるネイビーを取り入れたストライプタイの着こなし。グラデーションが美しいです。

同じくネイビーのストライプタイですが、こちらは挿し色としてピンクが入ることで色気のある着こなしに。ピンクは単色だと取り入れるのに勇気がいりますが、ストライプの場合はイヤらしさが出ず気軽に使えます。デートにもオススメのコーディネート。

人気の高い赤と黒のストライプタイ。濃紺スーツに合わせると、より力強く説得力のある雰囲気で、プレゼンなどにおすすめのコーディネート。ブルーシャツによって爽やかさも加味されています。

和み系のグリーンをVゾーンに取り入れることで、質実剛健なダークスーツのコーディネートに穏やかさがプラスされます。厳格なイメージを脱したい人や、スムーズに進めたい会議の日におすすめの着こなし。

大人の落ち着きを醸し出すグレーのストライプネクタイ。サックスブルーシャツと合わせることで”オジサン臭さ”を回避しています。

ダークネイビースーツ x ストライプネクタイ x ストライプワイシャツの着こなし

ダークネイビースーツとストライプネクタイに、ストライプのワイシャツを組み合わせたコーディネートを紹介します。柄同士の魅力がぶつからないようVゾーンを作るのがポイントです。

白シャツだと地味すぎな感が否めないモノトーンのネクタイも、ペンシルストライプシャツに合わせるとデキるビジネスマン風にキマります。ただしストライプ幅が同じにならないよう注意。

真面目な印象のペンシルストライプシャツをピンクで中和した着こなし。こちらも柄同士邪魔しないようストライプの幅が決め手です。

同系色で統一感を持たせたロンドンストライプシャツの着こなし。ダークネイビースーツのVゾーンから鮮やかなスカイブルーが映えます。落ち着きを持たせる茶色が絶妙のアクセント。

渋みのある色の組み合わせでVゾーンをまとめた着こなし。衿と袖のみ白いクレリックタイプのワイシャツは、クラシックなダークネイビースーツを程良く着崩します。

「ネイビースーツの着こなし」へ戻る