色使いで印象を操るネイビースーツとストライプネクタイの着こなし

ショップのネクタイ売り場では目を奪われがちですが、いざコーディネートするとなると意外と難しいのがストライプ柄ネクタイ。ネイビースーツと合わせる場合は、使用する色の数が増えすぎないよう注意が必要です。

ワイシャツの色を白にするか青にするか、柄を入れるか否かでも印象が変わるのも、ストライプネクタイの特徴です。

ネイビースーツ X ストライプネクタイ X 白ワイシャツの着こなし

ネイビースーツに白のワイシャツ、ストライプネクタイというコーディネートは、日本のビジネスシーンで最も目にすることの多い着こなし。しかしあまりに定番なだけに、気を抜くとすぐ”没個性”となってしまうのがこのスタイルの特徴です。ピンクや赤、緑などの明るめの原色を積極的に取り入れ、差別化を図りましょう。

スーツの紺とワイシャツの白をネクタイの色として取り入れたコーディネート。無難な着こなしではあるものの、どんな場面でも相手を信頼させるという意味では手堅いスタイルです。

ストライプネクタイは、スーツかワイシャツどちらかの色を取り入れるのが定石。上の写真のピンクは、単色ネクタイだと存在感が強すぎて使うのに勇気がいりますが、ネイビーと合わさることでどんな人が着こなしても違和感のない印象に。ピンクという色が持つ柔らかく優しい印象を、簡単に手に入れることができます。

同じく、スーツカラーである紺色と同系色のストライプネクタイを使い、緑色が持つ特性を手軽に取り入れた着こなし。グリーンカラーによって、相手に安心感を与えます。

白ワイシャツの場合は、白が入ったストライプネクタイも合わせやすいです。白とグレーのストライプネクタイで落ち着いた印象に。スーツがネイビーなのでオジサン臭くもなりません。

男らしさを発揮できる赤と黒のストライプネクタイは白ワイシャツにとても映えます。ネイビースーツと合わせると、より若々しく向上心溢れる雰囲気に。

ネイビースーツ X ストライプネクタイ X 青ワイシャツの着こなし

ネイビースーツとブルーシャツの組み合わせの場合、ネクタイのストライプにも青系の色を入れることで統一感のある着こなしになります。白や黒のモノトーンカラーも、青のワイシャツにはよく映えます。

青系シャツの場合も、ネクタイに同系色を入れる着こなしは鉄板。ネイビースーツとサックスブルーシャツは小顔効果も期待できるオススメのコーディネートですが、ネクタイまで青一色だと場合によっては若すぎる印象になることも。茶色を取り言えることで大人のエッセンスもプラスできます。

ワイシャツよりも明るめのスカイブルーをネクタイ色に取り入れたスタイル。緑のおかげで穏やかな雰囲気が加わります。

白と黒という、究極のモノトーンストライプ。収縮色である黒を真ん中に据えることで、コーディネートが一気に引き締まります。グレースーツよりも、ネイビースーツに合わせたい色。

パープルカラーで大人の色気を醸し出す着こなし。上の写真は白色ストライプで主張をやや抑えていますが、ネイビースーツと青ワイシャツの組み合わせなら、単色の紫ネクタイも馴染みます。

スーツと同色のネイビーを取り入れたストライプタイのコーディネート。青のワイシャツに合わせることで、より統一感のある着こなしとなります。

ネイビースーツ X ストライプネクタイ X ストライプワイシャツの着こなし

ペンシルストライプのワイシャツには、ネクタイにスーツの色と同じネイビーを入れるとまとまりのある着こなしに。ブルー系のロンドンストライプシャツに、同系色のストライプタイを合わせるコーディネートもオススメです。

ビビッドカラーのオレンジを入れることでネクタイの存在感がきわ立ち、ストライプ同士の組み合わせでも違和感がなくなります。スーツと同色のネイビーストライプで、オレンジの派手さを中和しているのもポイント。

こちらは悪例。ワイシャツとネクタイのストライプ幅がほど同じなため、Vゾーンがボヤけて見えてしまいます。

ネクタイに使われている黒色とペンシルストライプが相まって、とても引き締まった印象に。紫で品のある印象もプラス。

淡い水色→水色→ネイビーという、コントラストが持つ美しさや巧みに利用したコーディネート。ワイシャツ→ネクタイ→スーツの順番で色を濃くしていくのがポイントです。

スーツと同色のネイビーを使用したストライプタイ。写真はブラウンのロンドンストライプシャツと合わせていますが、このスーツとネクタイの組み合わせなら大抵のワイシャツに適応します。

「ネイビースーツの着こなし」へ戻る