難易度高めなチェックシャツとストライプネクタイの着こなし

チェックシャツクレリック紺白ストライプネクタイ

チェックシャツとストライプネクタイのような組み合わせでは、柄同士のぶつかり合いに気をつける必要があります。それぞれの柄の大きさを意識さえすれば、非常に洒落感のあるコーディネートを構築することも可能。

このページでは、チェックシャツとストライプネクタイの着こなしについて解説します。

チェックシャツとストライプネクタイの着こなし

目の細かいチェックシャツには、幅の広いストライプネクタイを組み合わせるのが定石。もしくは色の使い分けを駆使して、メリハリのある着こなしを心がけましょう。
チェックシャツ赤黒ストライプネクタイ

↑赤と黒のストライプネクタイを合わせた着こなし。ワイシャツのチェック柄も含め、”黒”を主体としたコーディネートです。シックな雰囲気に赤色を加えることで、情熱的な印象もプラス。

チェックシャツピンクネイビーストライプネクタイ

ネイビー x ピンクのストライプネクタイとチェックシャツのコーディネート。多彩な色使いと柄の組み合わせで少々派手ではありますが、休日向けのラフなドレススタイルとしてはアリです。

チェックシャツ紫白ストライプネクタイ

紫と白のストライプネクタイを用いた着こなし。ネクタイのストライプ幅を広くすることで、チェックシャツとメリハリをつけています。

チェックシャツ青黒ストライプネクタイ

青と黒のストライプネクタイを使った着こなし。白黒のチェックシャツの場合、ネクタイにも”白”か”黒”を取り入れることでコーディネートに統一感が生まれます。

チェックシャツクレリック紺白ストライプネクタイ

衿と袖口が白色のクレリック型チェックシャツの着こなし。紺と白のストライプの組み合わせでは、随所に白色がちりばめられて清潔感のある雰囲気に仕上がっています。

チェックシャツクレリック青黄色ストライプネクタイ

クレリック型チェックシャツに、青と黄色のストライプネクタイを組み合わせた着こなし。モノトーンのシャツに、鮮やかな色のネクタイが映えてイタリア人好みのカジュアルテイストになっています。

「チェック柄ワイシャツの着こなし」へ戻る