夏のスーツジャケット、涼しく爽やかに見せる素材と生地

クールビズがすっかり定着し、ビジネスマンも夏場にジャケットを着る機会はめっきり減りました。とはいえ、職種によっては真夏でもまだまだジャケットの着用が求められますし、就活生などもやはり面接では上着を着るのが暗黙のルールです。また、結婚式などのフォーマルな場でもおしゃれな春夏ジャケットを着こなしたいですね。
この記事では、夏の太陽の餌食にならないためのジャケットの選び方を紹介します。見た目も着心地も暑苦しくならない素材を選んで、爽やかな男を目指しましょう。

季節ごとに適した素材と生地がある

一見似たようなスーツに見えても、素材や生地によって着心地や雰囲気は大きく変わります。通気性の良い春夏スーツ、防寒に優れた秋冬スーツ、3シーズンとおして着られるスーツ。目的に応じたスーツ選びをしましょう。

夏のスーツ、ジャケットに適した素材と生地

夏用のスーツでは麻(リネン)や、サマーウール、モヘアなどの素材が使われています。逆に冬用にはカシミヤやウールが使われますね。それぞれ素材を100%使ったものがもちろん理想ですが、ポリエステル配合でも効果を得ることはできます。就活生のリクルートスーツにサマーウール100%は少々もったいない気がしますからね。

また、生地のパターンも季節に応じて変わってきます。ホップサックやトロピカルといった生地などは、手触りもサラサラしていて、見ているだけでも涼しげな印象をうけます。逆に冬用のジャケットは厚手のツイードやフランネル生地が適していますね。スーツファッションにこだわりのある人はこういった生地感にも気を配りましょう。「おしゃれは二のつぎでとにかく涼しさを!」という人は、大手スーツチェーンで取り扱っているCOOLMAXという化学繊維の素材がおすすめです。生地感も薄手のものを選びましょう。裏地がないのも春夏スーツの特徴ですね。

下着は夏用インナーが必須!

近年は大手企業がとても優れたインナーを発売しています。ユニクロのエアリズムが有名ですね。イオンやトップバリューなんかも似たような製品をつくっています。通常のコットンの肌着とは天と地ほどに違ってくるので、これらの夏用インナーは必須アイテムと言えるでしょう。

夏のスーツジャケットまとめ

check!!
・夏の素材は麻やサマーウールが代表的
・ホップサック、トロピカル生地は見た目も爽やか
・エアリズムなど夏用インナーはマスト!

この他にも、ワイシャツの選び方やニットタイなど、夏のスーツスタイルに欠かせないポイントはたくさんあります。お洒落なスーツスタイルに、半袖ワイシャツはNGですし、ニットタイも周囲と差をつけるには必須のアイテムです。長くて暑いサマーシーズン、お洒落で爽やかに過ごすことができれば毎日が楽しくなりますね。

「夏のスーツスタイル」へ戻る