白ワイシャツを最大限オシャレに見せるドットタイとの着こなし

白ワイシャツオレンジドットネクタイ

白のワイシャツは、着用人口が圧倒的に多いぶん”オシャレ”な印象は抱かれにくいです。しかし、そんな白ワイシャツでもセンスの高さをアピールできるのがドット(水玉)柄のネクタイ。

シンプルなワイシャツとネクタイだけの組み合わせにもかかわらず、色気が出せるというメリットがドットネクタイにはあります。

このページでは、白ワイシャツとドットネクタイの組み合わせについて紹介。着こなしイメージを参考に、”白シャツなのにオシャレ”というコーディネートを目指しましょう。

白ワイシャツとドット柄ネクタイの着こなし

白ワイシャツとドットネクタイの組み合わせは、基本的に失敗することはありません。ただし、ドットが大きすぎるとカジュアルな雰囲気が強くなります。
白ワイシャツネイビードットタイ

世界中のどの場面にも対応できるとされている紺地に白の水玉ネクタイ。白ワイシャツとの組み合わせはシンプルながらも、堂々とした風格を漂わせます。どんな色にも合う上に季節も選ばないので、こういったネイビードットタイは1本は持っておきたいところ。

白ワイシャツ紺色水玉ネクタイ

やや大きめな水玉のポルカドットも、ベースカラーがネイビーならカジュアル感はそこまで出ません。真面目すぎず、くだけすぎず、ちょうどいいバランス感で女性からの好感度も高い組み合わせです。

白ワイシャツ緑色ドットネクタイ

元々穏やかなイメージのあるグリーンのネクタイですが、ドットが入ることでより一層柔らかいイメージになります。近寄りがたいイメージを持たれやすい人には最適のコーディネートですね。

白ワイシャツオレンジドットネクタイ

無地だと少し派手なオレンジのような色は、実は柄が入る方が自然な印象になります。定番の白ワイシャツとの組み合わせなら、オフィスでも違和感のない着こなしですね。

白ワイシャツオレンジドットネクタイ2

同じオレンジのドットタイでも、水玉が黒色になるとまた違った雰囲気になります。収縮色である黒が身体の中心に配されることで、グッと引き締まった印象に。オレンジとブラックの相性も絶妙です。白ワイシャツの地味さも回避したいならおすすめの一本。

白ワイシャツグレードットネクタイ

グレーネクタイは大人っぽさを演出できるアイテムですが、無地の場合は白ワイシャツと合わせるとどうしても少し地味になります。ドット柄をチョイスすることで、シックな雰囲気にお洒落さもプラスされますね。特に40代以上の男性は、暗めの色ばかり選ぶと”しょぼくれたオジサン”というイメージを抱かれかねないので、積極的にドット柄を選ぶのをおすすめします。

白ワイシャツパープルドットネクタイ

意外なことに紫のネクタイは、地味な雰囲気になりやすいです。特にストライプのパープルネクタイは”ザ・平凡”という印象なので、白のワイシャツと合わせるならドットか無地がおすすめ。ドットは大きめを選ぶほど、カジュアル志向になります。

白ワイシャツ水色ドットネクタイ

爽やかな水色のネクタイは、ドット柄が入るとより魅力的になります。白ワイシャツとの相性も抜群で、暑い季節にもぴったりのコーディネートですね。上半身がライトカラーなので、スラックスはダークネイビーやチャコールグレーなど暗めなものを選ぶのがポイントです。

白ワイシャツレッドドットネクタイ

攻めの印象が強い赤系のネクタイは、ドットが入ることで”緊張と緩和”のバランスが生まれます。レッド系は色の存在感が強いので、ジャケットなしでもサマになりますね。

白ワイシャツレッドドットネクタイ2

赤系のネクタイに黒のドットを選ぶと、”攻め”の印象が強くなります。成功させたい商談やプレゼンの日など、勝負の日に巻きたい1本。ワイシャツが白なので、ビジネスに相応しくないという印象は抱かれません。

白ワイシャツブラウンドットネクタイ

大人の渋みを醸し出す茶色のネクタイも、ドット柄が入ることでお洒落さが加味されます。茶色のドットネクタイは取り入れやすい割に誰でも似合い、さらにセンスの高さもアピールできるのでとてもおすすめ。

「白ワイシャツの着こなし」へ戻る