ストレートチップの特徴と利用シーンとは

ストレートチップとは

革靴の種類の中でも、最も定番とされるストレートチップ。ビジネスや結婚式、お葬式まで使える黒色の内羽根ストレートチップは、一足目に買う本格革靴の最有力と言えます。

このページでは、ストレートチップの特徴と、内羽根・外羽根の利用シーン、パンチドキャップトゥについて解説します。

ストレートチップとは

ストレートチップは別名キャップトゥともいい、つま先部分にひと筋のラインステッチが入ったものです。
内羽根ストレートチップ特徴

ストレートチップのとは、つま先(トゥ)部分に横一文字のステッチが入った革靴のことです。キャップをかぶせたような見た目から、キャップトゥとも呼ばれています。

つま先のラインは、一本線のものもあれば、よく見ると二重ステッチのもの、縫い目の隠されたスキンステッチ仕様のものなど様々。基本的には、二重ステッチのもので、縫い目同士の間隔が狭く乱れのないものが高品質と言われています。

キャップトゥ

内羽根式と外羽根式があり、靴紐を通す鳩目部分がフラットなのが内羽根ストレートチップ。外から覆いかぶさるような設計のものが外羽根ストレートチップです。

内羽根ストレートチップのおすすめ利用シーン

内羽根ストレートチップは、革靴の種類の中でも極めて格式が高いものです。ビジネスから冠婚葬祭まで、あらゆる場所で通用します。
ストレートチップとは

数多くの革靴の中でも、黒色の内羽根ストレートチップは最上級にフォーマルな靴。

結婚式、お葬式では内羽根ストレートチップが間違いないですね。就活など、第一印象が重要な場面でも、やはり黒の内羽根ストレートチップが好ましいです。

内羽根ストレートチップでも、茶色の靴は基本的にカジュアルという考え方。茶靴の中では格式は上の方に位置付けされるので、ややランクが高めのレストランなどに行く際に履くのが良いでしょう。

一足目に買う革靴として、利用シーンの広い黒の内羽根ストレートチップはとてもオススメです。

外羽根ストレートチップのおすすめ利用シーン

内羽根式ほどかしこまらず、休日のお洒落向きなのが外羽根ストレートチップです。
外羽根ストレートチップ

基本的に外羽根式の革靴はどんな種類のものでも、内羽根式よりカジュアルという考え方になります。スーツを着崩したいときや、休日のジャケパンスタイルなどには茶色の靴や外羽根ストレートチップが適します。

ただ、どうせジャケパンスタイルに合わせるなら朴訥としたストレートチップではなく、装飾性のあるウィングチップやシンプルなホールカットシューズを選ぶのがオススメ。

そのため、汎用性の高い内羽根式と相反して、外羽根ストレートチップの活躍の場はあまり多くないというのが実際のところです。

装飾の施したパンチドキャップトゥも格式高め

パーフォーレーションという装飾をつま先に施したキャップトゥを、パンチドキャップトゥといいます。黒色の内羽根式のものはストレートチップと同じく格式が高く、広いシーンで使用できます。
パンチドキャップトゥとは

パンチドキャップトゥとは、ストレートチップ(キャップトゥ)のつま先一文字に、ステッチによるラインではなく装飾を施したものです。装飾は、大小の「●」を交互に配した穴飾りで、パーフォーレーションと呼ばれるものです。

装飾があるぶんストレートチップよりも派手でフォーマル度が下がる印象を見受けられますが、英国など国際的にはパンチドキャップトゥもストレートチップも同格の扱いとされています。

とは言え、日本のお葬式のような場に装飾入りのパンチドキャップトゥを履いて行くかどうかは、一考すべきですね。しかし、結婚披露宴などで履く分には問題ないかと思われます(よほど格式の高い披露宴でない限り、茶靴を履く人もいるぐらいてすし)。

ビジネスからセミフォーマルまで使用できるパンチドキャップトゥも、革靴を選ぶときの有力な選択肢ですね。

「革靴の種類」へ戻る