革靴のお手入れ|新品の革靴に必ずやっておくべき5ステップ

新しく買った新品の革靴。スニーカーと違い、革靴は最初にコーティングしておく必要があります。この履きおろしの儀式をするかしないかで、革靴の寿命は大きく変わると言ってもいいでしょう。と言ってもやることはとてもシンプルで、「クリームを塗ること」と「防水スプレーを振ること」です。この2つの作業を正しくスムースに行うため、この記事では5つのステップにわけて解説します。
せっかく買った新品の革靴を長く愛用するため、ぜひこの手順を知っておきましょう。

さいしょに:新品の革靴お手入れに必要なもの

・綿100%の布(いらなくなったTシャツで代用可能)、またはウィス
・乳化性シュークリーム、またはデリケートクリーム
・防水(撥水)スプレー
【あれば便利なもの】
・馬毛ブラシ
・ペネレィトブラシ
・豚毛ブラシ
・シューツリー、シューキーパー(新聞紙でも代用可能)

ステップ1:靴紐を外してシューキーパーを入れる

新品の手入れの場合、革靴の紐は外しておくことをおすすめします。今後、定期的な手入れのたびに毎回靴紐を外すのはさすがに面倒ですが、最初の一回目に関しては紐を通す羽根裏やベロなどの細かい部分まで確実にクリームを塗っておきたいので、邪魔となる靴紐は外しておきましょう。
また、余計な型崩れを防止するためにシューツリーかシューキーパーをセットしましょう。無ければ新聞紙でも代用できますが、革靴を長く愛用するならシューツリーは必須アイテムなので、早めに用意したほうがいいです。プラスチック製のシューキーパーより、木製のシューツリーのほうが汗などの水分を吸収する効果があるのでおすすめです。

ステップ2:革靴全体を軽く拭く

まずは綿100%の布で、靴全体の塵や埃を落としましょう。とは言っても新品なので、軽くから拭きするぐらいで問題ないです。
この段階では必須ではないですが、馬毛ブラシがあればソール(コバ)の隙間や細かい縫い目まで行き届きます。古いクリームや汚れを落とすステインリムーバーなどのクリーナーに関しても、新品の段階では不要です。

ステップ3:クリームを塗る

ここでいよいよクリームを塗り、革に必要な水分や潤いを補給します。革靴用の乳化性シュークリームやデリケートクリームを用意しましょう。色は革靴の色に合わせたものでもいいですが、無色のニュートラルタイプであればどんな靴にも対応できます。M.MOWBRAYのクリームがおすすめですね。シュークリームかデリケートクリームどちらを使うかですが、これに関しては好みに寄るところが大きいです。シュークリームは蝋が含まれているため、より光沢を出したい場合はこちらを使います。デリケートクリームは水分が多く、革製品全般に使えるほど革に優しいです。油分が少ないので色ムラにもなりにくいですね。革靴のコンディションによって使い分けたり、併用しても問題ありません。

クリームを塗る量ですが、これは大量に塗るほど効果的というものではありません。むしろ塗りすぎは禁物です。目安としては、お米2〜3粒程度が片足分の適量とされています。布で伸ばしながらまんべんなく丁寧に塗りましょう。このときペネレイトブラシがあれば、縫い目やメダリオン(飾り穴)など細部まで素早く塗ることができます。

ステップ4:全体にクリームを浸透させる

布の乾いている部分で改めて靴全体を拭きましょう。これにより余分なクリームを落とし、クリームをムラなく全体に行き渡らせます。効率を求めるなら豚毛ブラシを用意しましょう。ブラッシングしてから布で軽く拭くのがもっとも丁寧ですね。革靴に自然な光沢が宿ります。

ステップ5:防水(撥水)スプレーを振る

仕上げに防水スプレーで革靴の天敵である雨対策をしておきます。通気性の良い場所で一晩陰干しすれば、いよいよデビューです!

さいごに:なぜ新品にお手入れが必要なのか

なぜわざわざ新しい靴にクリームを塗らなければいけないのかというと、新品の革靴はほとんど「すっぴん」状態だからです。革靴をつくる工程ではもちろんクリームでコーティングされていますが、出荷からお店のストックという工程を経て、自分の手元に来る頃にはすっかりコーティングは弱まっています。
クリームで防御されていない革靴は、ひび割れや色ムラの原因になります。劣化スピードが恐ろしく早くなるわけですね。これらのリスクを避けるため、履きおろしの前にクリームを塗る儀式が必要となるのです。

さいごのさいごに:履き皺を無理矢理作る必要はない

インターネットの乱立する情報のなかには、履きおろしの前にボールペンの腹を押し付けて「履き皺」をつけたり、ソールを2つ折りになるぐらい折り曲げて「反り」をつけておく方法が新品の儀式として紹介されているものがあります。しかしこれらの方法はおすすめできません。
なぜなら、履き皺などは自然につくものが一番美しいですし、もし異様な履き皺がついたのだとしたら、それはサイズの大きい靴を買ってしまったということです。そもそも履き皺もソールの返りも、ボールペンや力技で無理矢理作って、不自然なものになってしまったら目も当てられません。ある程度の皺を楽しむのはむしろ革靴の醍醐味です。
もちろん汚れや雨、ひび割れなどには定期的な手入れでしっかりと対策するようにしましょう。

【革靴お手入れ】一番大事なのは"継続"!最適な方法まとめ

2016.07.07