【革靴の手入れセット】継続するために必要最低限な道具を紹介

革靴の手入れで使う道具セットですが、一から買い揃えようと思うと、何を買えばいいか分かりませんよね。仮に東急ハンズに並んでいるあらゆる種類のクリームやブラシをひと通り買い集めると、安い革靴ならもう一足買えてしまうぐらいの費用がかかります。実は、革靴を長く使うための手入れに必要なアイテムは、そこまで多くありません。スーツスタイルのバイブル「男の服装術」で、著者の落合正勝氏はこう語っています。

靴の手入れには、そんなにたくさんのものは必要ない。靴の手入れの条件は継続であり 、継続ならばシンプルで使い勝手のよいものだけを集めればよい。シンプルであれば長続きしやすい。大切なことはシンプルと継続。人生と同じである。

革靴の手入れで最も重要なことは継続であり、増えすぎた道具は継続を阻害すると氏は説きます。というわけで本記事では、革靴の手入れを継続するにあたって最低限必要な道具について最初に紹介します。あわせて、あれば便利な道具についても解説します。この記事に載っていない道具については基本的な靴磨きには必要ないと思ってもらって問題ありません!

革靴の手入れセットはこれだけあれば事足りる!

まずは革靴の手入れで最低限必要なモノを紹介します。上述の落合氏は、ここで紹介する以外の汚れ落とし、防水、艶出し、ブラシについては靴屋が儲けるための単なる押しつけとまで言い放っています。

着古したTシャツ

Tシャツを適当に切り裂き、最初に革靴全体を軽く拭きます。このときTシャツに付着する古いクリームの量を見て、新しく塗るクリームの量を判断します。
また、クリームを塗るときはTシャツの切れ端を人差し指と中指の先にきつく巻き、少量のクリームを取って靴全体に塗りこめていきます。

乳化性シュークリーム

shoecream

皮革に対するあらゆるケアは、この乳化性クリームひとつで事足ります。シュークリームのメーカーですが、英国で最も伝統のあるメルトニアン・シュークリームの系譜を受け継ぐ、「M.MOWBRAY(メルトン・モゥブレィ)が唯一のおすすめです。色つきのものでもいいですが、無色透明のニュートラルであればどんな靴にも対応できます。

使い古した歯ブラシ1〜3本

歯ブラシですが、これは革靴のタイプによって必要な本数が変わってきます。
1本は、コバの隙間汚れを掃除する用に使います。グッドイヤーウェルト製法の靴の場合はコバが張り出しているため、普通の布ではアッパーとソールの間に行き届きません。2本目も同じくコバ用で、こちらはクリームを塗る用として確保します。3本目は革の靴底にクリームを塗る用です。
つまり、グッドイヤーウェルト製法で、なおかつレザーソールでなければ、特に歯ブラシは必要ありません。ただ、アッパー部分にクリームを塗るとき、布ではなく歯ブラシのほうが塗りやすい人は1本用意しましょう。

化繊、または豚毛ブラシ

burush1

布や歯ブラシで塗りこんだクリームですが、これを引き延ばすためにはブラシが必要になります。ブラッシングで余分なクリームを落とし、全体にまんべんなく伸ばすことでムラを防ぎます。毛並みが硬めの化繊か豚毛のブラシを選びましょう。また、メーカーはどこでもいいですが、サイズが小さいものや、持つ部分が楕円形のものは避け、15cm以上の長方形型のものが手への負担が少ないです。

使い古したストッキング

ブラッシングが終われば、最終的な仕上げに目の細かい布で磨き上げます。この作業を行うことにより、革靴が鈍く美しい光沢を帯びるのです。そして身近にあるもので、この目の細かい布の代表格がストッキングです。交際している彼女や、奥様のお古をもらいましょう。愛人のものを使うとより光沢が出るというのは、勘違いらしいです。「男の靴磨きにそんなもん使えるか!」、「彼女いねーよ!」という人は800円ほどで売られているグローブクロスというものを使いましょう。

というわけで、靴磨きを一から始める場合でも、購入する必要があるのはシュークリームとブラシぐらいです。グローブクロスも買ったとして、どれだけ多く見積もっても3,000円あれば革靴の手入れに必要なものは充分揃えられるということですね。

もっと靴磨きにこだわりたいなら

しつこいようですが、道具は多ければいいというものではありません。しかし、手元にあればよりスムーズに作業がてきるアイテムがあるのも事実です。ここからは、靴磨きに付加価値をつけるアイテムを厳選して紹介します。

馬毛ブラシ

horsebrush

毛並みの柔らかい馬毛で作られたブラシは、革靴の汚れ落としで役立ちます。上述した、Tシャツと歯ブラシの併用でも汚れは拭き取れますが、馬毛ブラシが1本あればコバの隙間はもちろん、靴紐周りやメダリオン(飾り穴)まで、細かい部分まで掃除が行き届きます。やはり大きめサイズの長方形型が使いやすく、持ち手がカーブしているものも手に馴染みやすいのでおすすめです。

ステインリムーバー

staiin-remover

ネットで紹介されている靴磨きの手順は、どれもステインリムーバーで汚れと古いクリームを根こそぎ拭い落とすことから始まります。しかし、無闇に古いクリームを落とすことに意味はありません。むしろ、ステインリムーバーの成分が皮革の毛孔に詰まるほうがダメージは大きいので、使い過ぎは禁物です。ただ、汚れが激しい場合や、クリームの色ムラが気になる場合、革靴の補修を試みる場合などはステインリムーバーがあれば便利なので、買っておいて損はありません。使う頻度としては数回の手入れにほんの数滴ぐらいなので、小さい60mmサイズで充分でしょう。

ペネレイトブラシ

ペネレイトブラシ

シュークリームを塗るペネレイトブラシがあれば、布よりも伸びがよく、より短時間で効率的にクリームを塗りこむことができます。1本500円前後で手に入るので、アッパソール用、革底用、予備(ステインリムーバーなど)用として3本あれば心強いです。

デリケートクリーム

richdelicatecream

水分が主成分として作られているデリケートクリームは、シュークリームと違ってロウが配合されていないため、より皮革に優しいです。ただ、磨き上げたときの光沢感はシュークリームよりやや劣ります。マットに仕上げたい場合はこちらがおすすめです。

ポリッシュワックス

シュークリームは皮革に必要な脂分を染みこませるために塗りますが、ワックスはただ革靴を「光らせる」ために使います。つまり手入れ用ではなくドレスアップ用ですね。トゥのキャップ部分やカカト部分に、このワックスと水滴を使って磨き上げると、表面が鏡のようにピカピカになります。その名のとおり鏡面磨きというこの仕上げ方ですが、本物の革靴愛好家は敬遠しがちです。真の革靴好きは、こうした艶出しワックスを使ってギラギラ光らせるのは無粋であり、日々の手入れで得られる鈍い光沢こそ美しいと考えるからです。
ただ、正直なところ、ワックスを使って部分的に光らせた革靴はとてもエレガントに見えることも事実です。皮革の毛孔を詰めてしまうため、使いすぎは厳禁ですが、たまに気分を変えたいときにお化粧感覚で使ってみてもいいでしょう。光沢を持たせる部分以外をデリケートクリームでマットに仕上げると、いい具合のコントラストができあがります。

グローブクロス

handglobe

先ほども少し紹介した、仕上げ用の目が細かいクロスです。グローブ型になっているので磨きやすいことと、やはり磨き上げ専用として作られている分、愛人のストッキングを使うよりも簡単に最終仕上げを終わらせることができます。

防水スプレー

amedas

これはもう説明不要かと思いますが、やはりあれば雨の日も心強いです。

シューキーパーは必需品!木製のほうがいい

shoetree2

手入れ道具とは少し違うかもしれませんが、革靴の品質維持にはシューキーパーが絶対に必要です。シューキーパーを入れて保管することにより、革靴にできたシワを伸ばし、ヒビ割れを予防します。また、反り返りにより劣化を防ぐ効果もあります。革靴を買ったときに一緒にシューキーパーも買うのが紳士のたしなみですね。
プラスチック製よりも、汗や湿気を吸い取る木製のものが断然おすすめですが、シューツリーは少々値が張ります。

5万円以上する高級靴を買った場合はサービスでシューツリーをつけてもらえるケースもありますね。

それ以外の手入れセットは不要!

今回紹介したもの以外にも、革底の水分対策用ミンクオイルや、革製品ケア用のアニリンカーフクリームなどがありますが、すべてシュークリームで対策可能です。さらに、艶出しスポンジや、歯ブラシを大きくした形状のハンドルブラシなんかも売られていますが、必要ありません。歯ブラシで充分です。プロ並みの情熱を靴磨きに傾けたいのならともかく、これ以上靴磨きセットを取り揃えても、玄関の収納スペースを狭くするだけです。

【革靴お手入れ】一番大事なのは"継続"!最適な方法まとめ

2016.07.07

冒頭でも取り上げたとおり、手入れで最も大事なのは継続させることです。そのためにはできるだけ少ない工程で、素早く終わらせることが秘訣です。いかにもそれらしいアイテムを無闇に集めるのではなく、自分にとって効率よく手入れするために必要なものだけを買うようにしましょう。