春(3月〜5月)のスーツコーディネート

春は一年をとおしてもっとも過ごしやすい季節ですが、日によって気温の高低差が激しいので、スーツのコーディネートに悩んでしまう時期でもあります。

肌寒い日は薄手のスプリングコート、日差しの強い日はベスト(ジレ)のみなど、気温に応じてこの季節だけのコーディネートを楽しみましょう。

桜の時期に適したスーツ用スプリングコート

3月末から4月上旬の桜の開花時期は、本格的な寒さは過ぎ去ったとはいえまだまだ冷え込む日が続きます。そこで活躍するのが、薄手のスプリングコートです。

ナイロンやコットン製のステンカラーコート、トレンチコートなどが代表的ですね。ステンカラーコートは黒やグレーの色を選んでしまうと、その他大勢のサラリーマンと一体化してしまうので注意が必要です。ネイビーやベージュだとおしゃれな印象になります。または春らしく明るめの色を選ぶのもおすすめですね。

温かい時期はベスト(ジレ)のみで爽やかに

4月も下旬頃になってくると気温も暖かく、一年でもっとも快適な気候となります。アウターは不要になり、ジャケットとパンツの2ピーススタイルで過ごせることでしょう。夏はジャケットなし、冬はアウターを着るので、2ピースのみで行動する機会は案外少ないです。
よって、ジャケット・パンツのスタイルをこの時期に存分に堪能するのもいいですが、あえてジャケットを着ずに、ベストとパンツのみのコーディネートを楽しめるのもこの季節の醍醐味です。

クールビズ突入前の5月頃は、気温もかなり上昇し、暑苦しくてジャケットを着ていられない日も多くなってきますが、この時期に活躍するのがベストです。ベスト・パンツの組み合わせはとてもスタイリッシュで、爽やかな印象を持たれます。
真夏になってしまうとベストですら着るのが苦しい暑さになるので、やはり一時期のみに許されたおしゃれであると言えます。

春のスーツコーディネートカレンダー

3月

まだまだ厳しく冷え込む日が多く、基本的には冬のスタイルとなります。厚手のコートやニットカーディガンなどのアイテムも手放せませんね。下旬になると徐々に寒さも和らいでくるので、マフラーや手袋などが不要な日も出てくるでしょう。コートも厚手のチェスターコートなどから、軽やかなステンカラーコートにシフトチェンジしていきましょう。

4月

上旬はスプリングコートが活躍します。夜は一気に冷え込んだりする日もあるので注意が必要です。中旬以降は気候も暖かくなるので、アウターが不要な日も増えるでしょう。裏地を抜いた春夏用スーツに切り替える時期でもありますね。ネクタイは、淡いピンクやライトブルーなど、春らしい爽やかなカラーを選ぶのがおしゃれです。

5月

かなり暑い日も増えてくるので、総裏仕様の秋冬スーツを着るのは厳しくなってきます。春夏物の2ピースか、ベスト・パンツのスタイルでセンスの良さをアピールしましょう。

「スーツコーディネートの基礎知識」へ戻る