結婚式でグレースーツを着こなす!マナーを守ったコーデを紹介

結婚式で着て行くスーツのコーディネートを考えるのはなかなか難しいです。「結婚式で着るスーツの色や柄、許容範囲の考え方」の記事でも解説しているように、フォーマルスタイルはマナーを守ったうえでドレスアップしなければなりません。

そんな中、グレーのスーツをコーディネートの有力候補に挙げる人は多いのではないでしょうか?グレーのスーツは、ブラックほど重くなりすぎず、ネイビーほど軽くならないので、フォーマルの場でひときわ色気を醸し出すことができます。

しかし、マナーを知らないととんでもない恥をかくことになりかねないのもグレーの特徴なので、そのあたりをしっかり押さえつつお洒落に着こなしましょう。

ライトグレーは新郎の色に近いので注意!結婚式では明るすぎるカラーは避ける

結婚式スーツグレー
tom-murphy

結婚式はブラックスーツ、もしくはネイビーかグレーがマナーの範囲内とされています。しかしグレーのスーツを着る場合、明るいグレー、つまりライトグレーを選ぶのはやや危険です。

白やシルバー、そしてライトグレーは新郎の衣装に多く使われる色で、脇役である来賓客が主役と同じ色を着るのは失礼にあたります。それは、結婚式で最もやってはいけないマナー違反と言えるでしょう。主役と同じ色の衣装で、主役と同じレベルに着飾るぐらいなら、8,000円のヨレヨレの礼服で参列するほうがまだマシです。

グレースーツを選ぶ場合は、くれぐれも明度に注意しましょう。

結婚式ではチャコールグレーがおすすめ

http://www.stateofg.com/products/the-dean

http://www.stateofg.com/products/the-dean

結婚式でグレーを選ぶ場合は、ややダーク寄りのチャコールグレーを選ぶのが確実。
チャコールグレーのフォーマルな着こなしは、重くなりがちなブラックスーツよりも格段に洗練された印象を放ちます。

もちろん結婚式だけのためにわざわざチャゴールグレースーツを買う必要はありませんが、グレー系のスーツを何着か持っている人は、暗めの色のほうが無難であることを覚えておきましょう。

結婚式で着るグレースーツの柄は控えめなものを選ぶ

http://www.theunstitchd.com/fashion/6-elegant-suit-colors-for-the-classy-gentleman/

http://www.theunstitchd.com/fashion/6-elegant-suit-colors-for-the-classy-gentleman/

柄は結婚式の場合は、やはりソリッド(無地)か控えめなストライプにしましょう。一見地味に思えるソリッドグレースーツも、組み合わせ次第で大人の魅力溢れたスタイルを演出できます。

ブラックスーツ×グレーベストも結婚式でおすすめの組み合わせ

http://www.malemodelscene.net/editorial/jenn-hoffman-sean-thomson/

http://www.malemodelscene.net/editorial/jenn-hoffman-sean-thomson/

グレーが活躍するのはセットアップスーツだけではありません。ブラックの上下にグレーのベストをあわせるのもおすすめの組み合わせです。礼服用に黒のスーツを持っている人も多いですが、結婚式でブラックスーツに淡いネクタイでは、マナー通りとは言えさすがに華やかさに欠けてしまいます。ネクタイやポケットチーフのなどのアイテムで暗さを緩和することも可能ですが、ベストをグレーにするだけで印象が大きく変わります。

http://www.theunstitchd.com/fashion/6-elegant-suit-colors-for-the-classy-gentleman/

http://www.theunstitchd.com/fashion/6-elegant-suit-colors-for-the-classy-gentleman/

簡単なアレンジで断然お洒落な着こなしになるので是非取り入れましょう。もちろん、チャコールグレーのスリーピースもおすすめです。

http://jerseygirlgonecountry.tumblr.com/page/479

http://jerseygirlgonecountry.tumblr.com/page/479

やはり結婚式のようなフォーマルな場ではベストを着用したほうが、ファッション的にもマナー的にも良いですね。
逆パターンのグレースーツにブラックベストも悪くはないですが、若干着る人を選ぶコーディネートにはなってしまいます。

基本的には、シャツ<ネクタイ<ベスト<ジャケットの順に、外側にいくほど濃い色のものを使うのが誰でも似合うスーツコーディネートの方程式です。

「結婚式でのスーツの着こなし」に戻る